病気になる体の仕組み

健康サプリとやすらぎスタイル

  • 健康サプリでオプティマルヘルスを目指します! 病気になる体の仕組があります!

MENU : 健康サプリとやすらぎスタイル top >

病気になる体の仕組み

病気になる体の仕組み!

病気になる体の仕組み病気になる体の仕組み
 体が本来持ち合わせている内外の変化に対する適応力以上の変化が加わると、機能が持ちこたえられず、トラブルが生じ病気になってしまうのです。病気になる体の仕組み

病気になる体の仕組は適応力が発揮されないため
 一時的に機能の停滞であれば、自然治癒力の働きで、修復が行なわれるのですが、変化が持続し続けると、修復が追い付かず病気となってしまうのです。

 この自然治癒力が追い付かないような要因が、現代社会には非常に多く、なかなか健康な状態に復帰しにくい環境といえます。

 自然治癒力を発揮させ、こころを含めた体の機能の弱った部分を修復し、歪を調整することです。 体は、部位の寄せ集めの機械と違い、あらゆる部位が連帯をとって繋がりあっています。 アンバランスの状態が温存されていれば、その歪がいつか別の場所で、症 状となって現れるのです。

 私たちの体は、常に新陳代謝によって健康な状態を保つように働きますが、一方で加齢による機能低下は誰にも避けることはできない課題です。 生命は始まれば必ず終わりが来るように出来ています。

老化を促進せるもの
 日常生活の中には、自然のままに衰える老化以外の要因で、老化を促進するものがあるのです。

 そのような要因として、環境的な要因と体質等の遺伝的要因が挙がりますが、健康を維持するためにホメオスタシスの働きにより正常化されることを考えれば、病気になる体の仕組みとなる直接の原因は、ホメオスタシスが正常に機能できなくなることにあるので す。

 自己再生の働きを阻むことで、本来のホメオスタシスの及ばない状況が、病気になる体の仕組みになって病気という状態が現れるのです。

ホメオスタシス維持の体の仕組み
 自律神経系と内分泌系と免疫系の3者が密接に関係してホメオスタシスが健康維持を支えていますが、感情や意識、心の問題つまりストレスが自律神経系に影響を及ぼし合い、さらに、循環器系や消化器系にまで及び、体調変化が起きるのです。 

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。