自律神経 体の仕組み

健康サプリとやすらぎスタイル

  • 自律神経と体の仕組みが生命活動を支えている!

MENU : 健康サプリとやすらぎスタイル top >

自律神経と体の仕組み

自律神経と体の仕組み!

自律神経 体の仕組み自律神経体 の仕組み
 生命活動の維持おいて、脳がすべてをコントロールするわけでもなさそうです。 自律神経は脳と同じくらいの役割を担っている体の仕組みです。自律神経 体の仕組み

 自律神経がどのように生命活動を支えているのかというと、自律神経は心臓や肺、腸などの内臓に伸び、交感神経と副交感神経とに分かれています。

 手や足を動かす体性神経は、動かそうとすれば動かすことができ、止めようと思えば止めることができますが、心臓や腸といった臓器は動きを意識的のコントロールすることができません。 この違いが、体性神経と自律神経の違いです。

自律神経 体の仕組み恒常性・ホメオスタシスとは、
 外部環境の変化に対して生体の内部環境を一定に保つ働きをいいますが、体温が気温の変化に関係なく一定の温度が保たれているように、汗をかくことで体温の上昇を防ぎ、鳥肌が立ったり、震えてたりして体温が下がるのを防いでいます。
  これらは、すべて自律神経の働きが関係する体の仕組みです。

自律神経が働かなければ、人は生きていくことができません。
 自律神経は体の危機管理システムであり、生命活動には無くてはならない体の仕組みです。

 普段から意識することなく、外部環境の変化に対応しているのです。血液循環、呼吸、消化吸収、排泄、免疫、代謝、内分泌などの体の仕組みは、全て恒常性を維持する自律神経の働きが深く係ってます。

腸と自律神経
 腸をコントロールすることは基本は運動と食生活が基本ですが、腸内環境を良くすることで、自律神経にもよい影響を与えます。 ビフィズス菌などの乳酸菌を多く摂るとことで、腸内環境がバランスのとれた状態になると、自律神経のバランスも良くなるといわれています。

 体にとって一番大切なのは、栄養の吸収なのですが、栄養の吸収は腸内細菌が必要不可欠なのです。 腸内細菌のバランスが悪いと、栄養の吸収も悪くなり、食事をしても低栄養状態になり、細胞は栄養不足になり、残った栄養分は腐敗してしまいます。

 腐敗した栄養は毒素をだし、毒素が腸内細菌のバランスを悪化し血液をよごして、各臓器に影響が及び、自律神経のバランスも崩れてしまう結果になるのです。

 血液の質を決める腸内細菌と、血液を全身にめぐらせ血液をコントロールしている自律神経のバランス。 この二つが同時に整えることが病気を治し、健康を維持する良い方法です。 

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。