快眠安眠

快眠安眠で健康維持

健康サプリとやすらぎスタイル

  • 快眠安眠することで、体を再生させ、体の細胞が新しく生まれ変わることが健康維持!

健康サプリとやすらぎスタイル top > 快眠安眠で健康維持

快眠安眠で健康維持(やすらぎサポート)

快眠と健康維持快眠安眠で健康維持
 夜の眠りと朝の目覚めをコントロールしているのがメラトニンというホルモンです。 快眠グッズと健康サプリで不眠を解消しませんか。

快眠安眠 健康維持

快眠安眠と健康維持快眠は、1日の疲れはもちろんですが体を再生させるために大変重要です。 眠っている間に体の細胞が新しく生まれ変わる時間です。質の高い睡眠をとるために快眠グッズをご活用ください。

 寝る直前には食事をしない、適度な運動や入浴で血液の流れを良くして、緊張や興奮を鎮めることも重要です。

快眠安眠 健康維持スリープリラックス 【薬学博士のお墨付き】
 短時間でも3倍熟睡!不眠症・睡眠障害・忙しくて睡眠が少ない人・不安でしょうがない人・イライラして落ち着かない人にぜひお試しください! スカルキャップ・ヴァリアンなどの数種類のハーブエキスだけでできています。 神経の疲れをいやし、心地よい安眠が得られます。

 健康でやすらぎの暮らしを応援する通販サイトです。 健康でやすらぎの暮らしのサポートにお役立てください。

快眠安眠 健康維持  

快眠安眠と健康維持睡眠の状態で病気の可能性も
 体が活動しているときは交感神経が働き、睡眠に入ると副交感神経が働きます。この2つの神経の切り替えがうまくいかないと眠れないということになります。

 不眠を訴える人の6割が寝つきが悪い、眠れないと思い込んでいる心配のいらないケースです。精神生理性不眠と呼ばれています。

 寝つきが悪い割には朝早く目が覚め、食欲がない気分が落ち込んでいる状態が続く場合い、うつ病の疑いが、早朝や真夜中に目が覚めその後、眠れなくなり、眠れなくても平気で動き回れる状態は、躁病の疑いがあります。 夜中に何度も目が覚め、頭痛やめまい、肩こり、動悸やめまいが伴う場合、神経症が疑われます。いびきのひどい人の中には、睡眠時無呼吸症候群の注意が必要です。

快眠安眠と健康維持生理不眠の解消には
 寝る前に重い食事をしない、カフェインやたばこは摂らない、適度の運動や入浴(38℃の低温がおすすめ)血液の流れを良くし、緊張や興奮を鎮めることをおすすめします。日中は、体を動かし、朝起きたら日光をあびて体内時計をリセットすることも大切です。 

メラトニンが眠りを左右する?
 メラトニンを分泌するのは脳の松果体と呼ばれている部分です。松果体は網膜が受ける光の量を受け取り、その情報をもとにメラトニンの分泌量を決ります。目に入る光の量が減ると、松果体がメラトニンを分泌してメラトニンが分泌され、体は暗くなったことを認識するといいます。快眠安眠 健康維持

 夜の眠りと朝の目覚めをコントロールしているのがメラトニンというホルモンです。
 メラトニンが十分に分泌されなくなることが原因の場合サプリの補給も効果的です。ただし、40歳以下の場合はメラトニンの常用は注意が必要です。

ビタミンB6やマグネシウムも有効!
 いらいらやストレスなどが原因の不眠は、気持ちをリラックスさせることが重要です。 



やすらぎサポート
健康サプリとやすらぎスタイル
朝、すっきり!「グッドナイト27000」 朝、すっきり!「グッドナイト27000」朝、すっきり!「グッドナイト27000」
Copyright (C) 健康サプリとやすらぎスタイル All Rights Reserved