ミネラル 生命現象

健康サプリとやすらぎスタイル

  • 光や水、大地のミネラルがもとに生命現象が起りました!

MENU : 健康サプリとやすらぎスタイル top >

ミネラルと>生命現象

ミネラルと生命現象!

ミネラルと生命現象ミネラル生命現象の間には、光、水が関係
 カルシウム、燐、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウム、鉄、マンガン、銅、ニッケル、砒素、ケイ素、セレニウムなどなど解明されているのは、百数十種類にすぎません。

 地球誕生のまだ生命現象のないころの地上は、岩石そのもの、まさにミネラルの大地と太陽の光、水がもとになって生命現象が起こりました。 酸素は植物の発生によって生まれたもの。植物の光合ミネラルと生命現成によって、タンパク質、炭水化物、脂肪、ビタミンなどが出てきたいうのが一般的な見方です。

ミネラルと生命現象亜鉛は細胞を作り再生させる不可欠なミネラル
 亜鉛は新しい皮膚の生成や免疫機能などさまざまな働きに必要なミネラル、DNAやタンパク質の合成に働く酵素や組織の代謝に関わる酵素など、200種類以上の酵素の構成成分で、新しい細胞が必要な時期、成長や妊娠、治療など亜鉛の必要量も増えるといわれています。

 亜鉛は血糖調節ホルモンであるインスリンの構成成分でもあり、味覚や臭覚を正常に保つ働きに関わってます。 味覚が感じられないなどは、亜鉛不足の状態といえます。

 摂りすぎると、頭痛や、吐き気、 貧血などの症状が出る場合があるので注意が必要です。 カキや牛乳、ラム肉、卵、未精製の穀類、ナッツやヨーグルトなどに多い。

ミネラルと生命現象カルシウムはイライラ防止ミネラル
 体重の2%を占めるミネラル、そのうち99%が骨や歯に使われ、貯蔵庫にもなってます。残りの1%が筋肉や血液などに存在し、一定量ないと体の機能が崩れる重要なミネラルです。

 イライラを鎮めるなど精神を安定させるためには、マグネシウムとのバランスが大切です。マグネシウム1に対して カルシウム2~3の割合が理想とされています。

ミネラルと生命現象ダイエットミネラルといわれるクロム
 クロムは肝臓や腎臓、血液、脾臓などに存在し、膵臓から分泌されるインスリンの働きを助ける必須微量ミネラルです。クロムはインスリンの働きを活性化させ血液中のブドウ糖が筋肉細胞に効率よく取り込まれるようにて働きます。

 ほかにも脂質代謝も促進させ、血液中の中性脂肪や、コレステロール値を正常に保つ働きもある。糖分を多く摂るとインスリンの分泌も増加するためクロムの消費量も増加する傾向にあります。糖質の代謝に必要なビタミンB1と一緒にとるのが効果的です。

セレンは若さを保つミネラル
 抗酸化作用があることで注目されています。病気を引き起こす一因になってる活性酸素、常に身体は活性酸素の攻撃にさらされています。細胞膜の重要な構成要素である不飽和脂肪酸は酸化する過酸化脂質になってしまいます。

 連鎖反応で他の不飽和脂肪酸も過酸化脂質の変化させ細胞の老化につながります。この過酸化脂質を分解するときに働く酵素の一つにグルタチオン・ぺルオキシダーゼがあり、セレンはこの酵素の成分になり、セレンをとることで抗酸化酵素の働きを強める、活性酸 素によって引き起こされる症状の緩和になります。

ミネラルと生命現

血液の主成分である鉄
 体内で使用される鉄の50%が、血液中のヘモグロビンの原料になり、貧血気味の人は鉄を多く摂った方がよいとされています。残りの半分は筋肉や肝臓、骨髄、脾臓などの蓄えられて、ヘモグロビンを載せている赤血球の寿命が120日程度、毎日、一定量の鉄分を補給して血液の良い状態を保つこ とが必要です。

 鉄は免疫細胞の成長にも必要で、十分な量を摂ることで、かぜ予防にもつながります。鉄は吸収しにくいためビタミンCと一緒に摂るとよい。

マグネシウムは、体内の酵素を活性化する健康維持のミネラル
 マグネシウムは、体内では50~60%が骨や歯に、残りは軟組織に蓄えられています。 血液気中には1%ほどで、不足すると骨に貯蔵されたマグネシウムから補われる。タンパク質の合成や、エネルギー代謝、筋肉収縮、血圧調整、体温調整など体内の酵素活性に関わって、生命活動には欠かせな いミネラル。

カリウム
 ナトリウムの排泄のを促進し血圧を下げる作用がある。塩分過多の食事で高血圧ギミの人は、特に摂っていただきたミネラル。筋肉の収縮運動の調節を行うため不足すると疲れを感じる。ストレスなどで不足がち。干し柿やトマトジュースなどに多い。

マンガン
 糖質や脂質の代謝の必要な酵素の補酵素として働くミネラル。骨や関節の結合組織必要。マンガンが不足すると骨形成に支障が出る。 性ホルモンの合成能力の低下、妊娠能力の低下。緑黄緑野菜や海草に多い。

ヨード
 ヨウ素ともいい、甲状腺ホルモン生成に不可欠なミネラル。血中コレステロール値を下げる働き動脈硬化の予防効果に期待、体脂肪の燃焼促進を促す。海草などの海産物に多い。

モリブデン
 酸化酵素に不可欠なミネラル。脂質や糖質の代謝を助ける。銅と相反して働く、過剰摂取は銅の排泄を促し、銅欠乏症をまねき、鉄がヘモグロビンに取り込まれなくなり、貧血になる。


 鉄とヘモグロビンを結びつける役割があり、貧血解消には必要なミネラル。コラーゲンやメラニン色素生成に必要な酵素の構成成分。ゴマや牛のレバーや牡蠣に多い。

 ビタミンB群とともに、糖質や脂質のエネルギー代謝に重要な役割を果たし、疲労回復の手助けをしています。 偏頭痛などもマグネシウムの不足が一因ともいわれるほどで、マグネシウムが不足すると、血液中の肥満細胞からはセレトニンという物質が放出され、痛 みの原因となる物質も発生して頭痛を引き起こすといわれます。

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。