疲れない体をつくる

健康サプリとやすらぎスタイル

  • 疲れない体をつくるには体の免疫力が大切です!

MENU : 健康サプリとやすらぎスタイル top >

疲れない体をつくる

疲れない体をつくる(アクティブサポート)

疲れない体をつくる疲れない体をつくる
 どうも、体が疲れが抜けないと感じることはありませんか? 疲れの回復には体の免疫力が、大きな役割を担っています。 日々の疲れを解消できるよう活用ください。

疲れない体をつくる疲れない体をつくるためには疲れを蓄積しない
 無意識のうちにあー疲れた・・・と口走ってしまいませんか?
 疲れとは、病気になる前に体が発するSOS信号なのです。 この信号を聞きのがしたりすると、さまざまな不調が現れることになります。 これがひどくなった状態が病気ともいえます。 このような状態を未然に防ぐために、免疫力を高めることが重要になってくるのです。

免疫力を高めて、疲れない体へ
 活動すれば、誰でも疲れを感じますが、免疫力を高めるカギは自律神経が大きく係っています。 心身に大きな負担をかけたり、逆に楽すぎる生活が続いたりすると、自律神経が乱れ免疫力が低下してしまいます。

 疲労物質を処理できなくなるために、さまざまな疲れの症状が現れてしまいます。 これらが、進行してしまい生活習慣病や重い病気につながってしまいます。 疲れない体をつくるには、免疫力が重要でかつ自律神経を整えることになります。

加齢=免疫力低下ではない
 免疫力は、歳とともに低下するわけではないのです。 年相応に年齢にふさわしいように、免疫システムが変化して、体を守るのです。 人は120歳まで健康で生きられるようにできていて、何歳になっても体の声に耳を傾け生活習慣を見直せば、免疫力を高めることができるのです。

現代はストレス社会
 身体に精神的、肉体的、感情的なさまざまなストレスが加わると、体はホルモン分泌をして、ストレスに対抗するのですが、ストレスが過剰になるとホルモンを分泌する臓器、副腎も疲れて、ホルモンバランスが崩れて対抗できなくなってしまい、病気の原因になってしまいます。 ストレスに負けず に疲れない体をつくることがポイントです。疲れない体をつくる

交感神経タイプの疲れ
  こころと体に過度のストレスがかかると、いつもイライラして不安が強い、怒りやすい、便秘がひどい、血圧が高い、体温が低いといった交感神経タイプの疲れです。

 頑張りスギや悩みスギなどで、心身に過度のストレスがかかり続けることになります。免疫力を下げているストレスの元を探し、生活を振り返り気持ちの切り替えをすることが肝心です。無理をしない生き方に、少しずつ変えていくことが大切です。

 ストレスが長期化すると、副腎皮質から分泌される糖質コルチコイドがタンパク質を分解し、ブドウ糖を作り出すのですが、タンパク質の過剰消費につながり、皮膚のハリやツヤがなくなり、筋肉や骨にも影響がおよび、歯槽膿漏や胃潰瘍などの原因にもなります。  コラーゲンなどのタンパク質の補給が必要です。

副交感神経タイプの疲れ
 過度にリラックスすることが続くと、やる気が出ない、すぐに疲れる、落ち込みやすい、体温が低いといった副交感神経タイプの疲れです。

 たるんだ生活や、過度のリラックス、運動不足により、体の機能が低下することで起こります。 遅くとも午前0時までには眠り、日の出とともに起床し、日中は活発に活動するといった、メリハリをつける生活習慣を心がけることが必要です。

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。