脳のエイジングケア

健康サプリとやすらぎスタイル

  • 40歳を過ぎると脳細胞も数万死滅する!脳のエイジングケアが必要!

MENU : 健康サプリとやすらぎスタイル top >

脳のエイジングケア

脳のエイジングケア(アクティブサポート)

脳のエイジングケア脳のエイジングケア対策
 人間の脳の重さは体重の2%を占めていますが、エネルギーの消費量は全体の18%とほぼ1/5をしめいています。 多くの栄養を必要としているかが分かります。

脳のエイジングケア

 身体と違って脳は、エネルギー源としてブドウ糖しか利用しないため、糖質を断つダイエットは脳にダメージを与える危険性が大きい分けです。

 朝抜きも同じことで、集中力にかけ判断能--BG----BG--力の低下に影響がでるため、脳のエイジングケアが大切です。

脳のエイジングケア毎日減り続ける脳細胞
 人の脳細胞は約140億個ありますが、40歳を過ぎると1日に約5万から10万個が死滅するということです。 アルツハイマー性痴呆は脳の萎縮が原因といわれますが、女性の更年期後に多く現れるようで、女性ホルモンのエストロゲンの減少から、脳の保護効果が失われることと関係があるよう です。

脳を作り発達させる不可欠な成分は
 脂質とタンパク質が必要です。 脳細胞間の情報伝達を神経線維はその構造のほとんどが脂質で、神経組織の構造を作っているのはタンパク質、特に脳の発達著しい幼児では、良質の脂肪が必要です。 特に、オメガ脂肪酸が老化予防機能改善に重要といわれています。

 脳の発達に必要な栄養として、プロテインとレシチンで、レシチンは大豆や卵黄に多く含まれるリン脂質、脳細胞間の情報伝達物質のアセチルコリンの原料になる、ホスファチジルセリンという物質も含んでいます。

 米ぬかなどのガンマーオリザノールから抽出されたフェルラ酸や、古くから薬用・食用ハーブとして用いられた、ガーデンアンゼリカ(西洋トウキ)などのサプリメントがあります。

脳にもビタミンB群必須
 脳の中では140億個の神経細胞がつながり、数千億個のシナプス接点を作っています。脳の記憶を呼び出すには、神経細胞と神経細胞の間をつなぐ信号がなくてはなりません。脳のエイジングケア

 そのために必要なドーパミン、ノルエピネフェリン、セロトニン、アセチルコリンなどの神経伝達物質の生成には様々な栄養素が不可欠です。 特に神経の再生を促すビタミンB6は必須です。

 B1、B2、ナイアシンなどは糖の代謝に関わりB6、パントテン酸、葉酸などは、神経伝達物質の合成に関わります。 そのため、B群が欠乏すると興奮や疲労、不安や怒りっぽいなどが出るといいます。

オメガ3系の不飽和脂肪酸を含むDHA・EPA
 特にDHAは神経細胞に多く含まれ、情報伝達や記憶力に影響するといわれています。 頭の良くなる脂肪酸として、ご存じの脂肪酸ですが、血液の循環を良くし、高麗人参やイチョウ葉などのサプリメントとともに、脳の活性化や集中力に効果的といわれています。

脳でも活性酸素
 脳でも活性酸素の影響は避けれれません。脳の細胞膜構成成分のリン脂質が活性酸素の影響を受けやすいため、抗酸化作用のあるポリフェノール類やイチョウ葉などもおすすめです。

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。