血管のトラブル 動脈硬化

健康サプリとやすらぎスタイル

  • 血管のトラブル動脈硬化で脳梗塞や心筋梗塞の原因に!

MENU : 健康サプリとやすらぎスタイル top >

血管のトラブルは動脈硬化

血管のトラブルは動脈硬化!(アクティブサポート)

血管のトラブルは動脈硬化血管のトラブル対策
 血管のトラブルが深刻なのは、動脈硬化によって脳梗塞や心筋梗塞の原因になるからです。 血栓という塊が血管の中にできることが原因です。 できる原因はいくつかあるようですが、最大の原因は血流が悪くなる動脈硬化なのです。

血管のトラブルは動脈硬化

 たとえば、飛行機など長時間同じ姿勢をとり続けると静脈に血栓ができる病気、エコノミー症候群など、血液の血行不良が原因です。

血管をコントロールしているのは自律神経
自律神経によって血管はコントロールされています。 交感神経により血管が収縮され、副交感神経血管が弛緩します。

 自律神経のバランスがいい状態では、血管が交互に収縮と弛緩をリズミカルに繰り返し血流がスムースに流れるのです。 自律神経のバランスが崩れると血液の流れが滞り、血栓のできやすい状態になります。 血流は、体を構成する細胞に栄養と酸素を届けるライ フラインです。

動脈は本来弾力があるものです。
 動脈壁に脂肪や石灰質が付着したりすることで、動脈壁が厚くなったりかたくなったりします。これが動脈硬化です。 動脈硬化が起きると血液の流れが悪くなり、脳や心臓などさまざま臓器の働きが悪くなり重大な病気を招く危険があります。 

 なぜ動脈硬化が起きるかは、はっきりとは解明されていないものの、遺伝的な体質、高血圧症や血中コレステロールの増加により高脂血症、喫煙、肥満、ストレス、運動不足などが関係すといわれます。 血管のの老化現象ともいわれ、40歳以上のほとんどの人に みられます。 中には10代の若者にも初期の動脈硬化がみつかることもあるようです。

起きやすい場所
 動脈硬化は、硬化が起きる場所によって症状が異なるため、対中のどの動脈でも起こる可能性があり、特に起こりやすいのは脳動脈、冠状動脈、頸動脈、腎動脈などです。 脳動脈の場合、立ちくらみ、耳鳴り、興奮などの初期症状があらわれ、進行すると脳梗塞や脳出血を引き起こします。

 冠状動脈に硬化が起こると、心臓の機能が低下し、狭心症や心筋梗塞、心不全といった心臓発作を突然起こす危険があります。 腎動脈では、高血圧、腎機能障害など、大腿動脈では下肢に血液の通りが悪くなり壊疽を起こすこともあります。

動脈硬化の予防には
 血中コレステロール値を下げ、血管を広く保つ必要があります。 そのためには正しい生活習慣が不可欠です。 特に食事と運動には十分注意が必要です。

 動物性脂肪の多い食品や、甘いものやアルコールを控え、植物性タンパク質を多く含む食品を中心にした食生活を心がけることです。 サバやイワシなどの青身魚に含まれるDHAやEPAには、血液が固まりのを抑える働きがあるのでおすすめです。
 食物繊維には、余分なコレステロール吸着して排出する働きがあるので、野菜や海草、キノコ類などをこまめに摂りましょう。 また適度な運動で脂肪の燃焼しコレステロールを減らす工夫も必要です。

腸 内環境とエイジング ケアが血管のケアにも
 ストレスをためない、夜更かしを避ける、生活リズムを整える、野菜や海草、発酵食品を多めにとり、腸内環境をよくする善玉菌を増やす。

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。