腸内環境

腸内環境とエイジングケア

健康サプリとやすらぎスタイル

健康サプリとやすらぎスタイル top > 腸内環境とエイジングケア

腸内環境とエイジングケア(アクティブサポート)

腸内環境とエイジングケア腸内環境とエイジングケア
  ストレスをためない、夜ふかしを避ける、生活リズムを整える、野菜や海草、発酵食品を多めにとり、腸内環境をよくする善玉菌を増やす。 腸内環境の悪化が体全体に健康を害する要因となってしまいます。 腸内環境のエイジングケアをおすすめします。

腸内環境とエイジングケア

 腸内環境とは、小腸から肛門までの腸内の環境のことです。 植物に例えると食べ物が消化されてできる栄養分が吸収する腸は、その機能面で表すとすれば、栄養分を吸収する根に該当する体の部分です。 

 腸内環境は、土壌に相当します。土壌に様々な微生物がいるように腸内にも沢山の微生物、腸内細菌が存在します。

 良い土壌には良い微生物がいて植物を助けるように、土壌が悪くなると植物の成長に悪影響を与えるように、人体でも、便秘などで腸内環境が悪くなると細菌から出される有害物質によって、腸内に充満し吸収されます。

 吸収され、血液とともに全身を巡ってしまうのです。吹き出物や肩こり、頭痛など、さまざまな症状を引き起こします。

腸内環境とエイジングケア

腸内環境とエイジングケア腸内環境は免疫の形成においても重要な部分です。
 赤ちゃんは、離乳期になるとさまざまなものを口に入れますが、免疫を形成されるうえでは大切な行為です。 腸内では、ばい菌に対する免疫が育つのです。

腸内環境とエイジングケアなぜ便秘になるのか
 排便は、毎日あるのが、健康上望ましいそうです。 便秘の原因にはストレスや夜更かしなどのによる、自律神経の乱れ、野菜不足などによる食物繊維不足があります。腸内環境とエイジングケア

 便意を我慢すると、便秘の原因を招くことになります。 日本人の食習慣は穀物を主食としてきたために、欧米人に比べ腸の長さが50センチほど長いため、欧米人よりも食物繊維が少ない食習慣では便秘になりやすい傾向があるということです。

 便秘とは排便がなく苦痛の状態をいいます。毎日、排便のある人は3人に1人といわれています。 ストレスなどの影響で自律神経の乱れによる便秘や下痢が近年増加しています。

 便秘を腸の機能面から分類すると、腸の機能が弱い弛緩性便秘と腸が緊張して、動きが弱いけいれん性の便秘があります。 便秘は、高血圧、大腸ガン、生活習慣病の原因なるので注意が必要です。

腸内環境とエイジングケア便秘でお悩みのかたには、腸内の蠕動運動がリズミカルに行われることが大切です。 また、ビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる乳酸菌を多くとると、便秘などで増える悪玉菌の状態を改善することに役立ちます。 腸内細菌のコントロールができるのです。



アクティブサポート
健康サプリとやすらぎスタイル
【乳酸菌の力】
 16種類の乳酸菌が生きたまま腸まで届き、乳酸菌本来のパワーを発揮
雑誌や新聞の文字が見づらくなってきた等のお悩みはありませんか? 目の疲れ 目のしょぼしょぼ はっきり・くっきりのサポートに

腸内環境とエイジングケア      腸内環境とエイジングケア page top 

--- Pick up Category ---
生命現象とミネラル新陳代謝とコラーゲン高麗人参アルカロイド脳のエイジングケア腸内環境血管のトラブル目のエイジングケア |
肌のエイジングケア疲れない体をつくるストレス対策活性酸素対策お茶と健康維持快眠と健康維持コーヒーでやすらぎ
| アダプトゲンと高麗人参 | 花粉症とじゃばら | 更年期 ED | 女性の育毛・抜け毛 | 中高年とサプリメント | サプリメントでやすらぎ生活 |
| 目のしょぼしょぼ || コーヒーでポリフェノール
Copyright (C) 健康サプリとやすらぎスタイル All Rights Reserved