花粉症 じゃばら

健康サプリとやすらぎスタイル

  • 健康サプリでオプティマルヘルスを目指します! 

MENU : 健康サプリとやすらぎスタイル top >

花粉症とじゃばらのすすめ

花粉症とじゃばら(デトックス・ダイエット)

花粉症 じゃばら花粉症とじゃばら
 厚生労働省の調べによると日本のスギ花粉症の人は、この20年で急増し今や人口の16%にも達しています。 花粉症の症状やメカニズムを知って、早めの予防や腸内環境の改善などの対策に取りくみたいものです。

花粉症 じゃばら

●おすすめ、じゃばら
  花粉症には、かんきつ類のじゃばらに多く含まれる「ナリルチン」です。 ナリルチンは、フラボノイドの一種で花粉などのアレルギーへの作用を期待されている成分で、「スーパーフラボノイド」とも呼ばれているくらい凄い成分です。

  じゃばらはこのナリルチンの含有量が特に多く、みかん191個分ものナリルチンを含有しているのです!  だから花粉の季節にオススメなサプリメントなんです!

花粉症の日ごろの予防に
 「外出時」、花粉用のマスクやメガネの着用し、花粉が付着しやすいウール類の衣類は避ける。 「帰宅時」は、衣服や髪に似付着した花粉を払い落として、うがいや手洗いを行う。 「室内」、花粉は湿気を帯びると重くなって落下するので、加湿器を利用して、花粉の浮遊を防ぐとよい。

花粉症はどうして起こる?
 花粉症の対策は、まず花粉症のメカニズムを知ることです。 スギ花粉など「抗原」とよばれる物質が鼻などから入り、身体はその抗原を異物と認識し抗体が生まれます。 この抗体は鼻粘膜の肥満細胞という細胞に作用し、ヒスタミンやロイコトリエンという物質を放出し、これらの物質が交感神経や血管などを刺激します。

 その結果、花粉症などのアレルギーとなって、異物をくしゃみや鼻水で追い出し、鼻ずまりで入りにくくする仕組みです。 抗原が目に入れば、かゆみや涙目を引き起こします。

花粉症は、
 引き起こす植物は、日本では焼く50種類が報告されています。その代表はスギで課勲章の70%を占めるといわれます。 そのほかにも、ヒノキや白樺、ブタクサ、ハンノキ、ヨモギなどがあげられます。

重症化すると 花粉症を長引かせると
  慢性副鼻腔炎:蓄膿症とも呼ばれ副鼻腔に炎症が起き粘り気のある鼻水が出ます。
アレルギー性鼻炎:目のかゆみや充血、涙目はアレルギー性結膜炎と花粉症の合併症です。
気管支喘息:気管支が狭くなりせきが長く続き、呼吸時ゼイゼイといった音がしたら要注意です。

腸内環境の改善が花粉症対策
 腸が健康であれば、免疫の働きによい影響を与えるといわれます。 花粉症などのアレルギーは、この免疫のバランスの乱れに原因がるようです。食事や運動などで、腸内環境を改善することをおすすめします。

●野菜を多く取る
 野菜や海草類は腸内の善玉菌を活性化します。
 野菜だけでなくスープやなべ料理などを毎日とりましょう。動物性脂肪は悪玉菌の元になるため控えましょう。
●発酵食品が効果的
 漬物や納豆、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品を積極的にとることをおすすめします。 乳酸菌などの善玉菌を多く含み腸内環境改善に役立ちます。
●軽い運動やマッサージ
 ウォーキングやなどの軽い運動や休憩時間に腰をまわす運動を心がけましょう。

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。