高麗人参のアダプトゲン

健康サプリとやすらぎスタイル

  • 高麗人参のアダプトゲンとしての働きが病気を治す力自然治癒力を高める!

MENU : 健康サプリとやすらぎスタイル top >

高麗人参のアダプトゲン

高麗人参のアダプトゲン(アクティブサプリメント)

アダプトゲン 高麗人参アダプトゲンとしての高麗人参人参七効説
 漢方としての高麗人参には薬理作用による効果をまとめた、人参七効説といものがありますが、こうした高麗人参の働きとして効果的な成分が、サポニン、ジンセノサイドという物質が知られています。

 体の適応能力や抵抗力を高める薬効を持つ天然の生薬つまり、高麗人参のアダプトゲンとしての働きなのです。

 最近になっアダプトゲンと高麗人参て、高麗人参でもっとも重要な働きをするのは、含窒素塩基物質すなわち、アルカロイドということがわかってきました。

 高麗人参に含まれるアルカロイドは、サポニンなどに比べ含有量が少なく、根を乾かした白い人参50㎏からわずか2.5gしかないとのことです。

アダプトゲン 高麗人参アダプトゲンとは、
 高麗人参などの通常の用量では無害で、特定の対象のみではない、さまざまなストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブのことです。 ホルモンや免疫バランスを保ち、生理機能を正常化する働きがあります。

 どのアダプトゲンも抗酸化物質を多く含んでいることが特徴です。 東洋医学やアーユルヴェーダ等の伝統医学では、人が本来持っている、病気を治す力自然治癒力を高めることに重点を置いています。 体の適応能力や抵抗力を高める薬効を持つ天然の生薬を使い治療に用いてきました。

アダプトゲンの本格的な科学的研究が始まったのは
 1940年代後半になってからとされます。 1947年、ロシアのニコライ・ラザレフ(Nikolai Lazarev )博士は、アダプトゲンを、体に悪影響を与える物理的、化学的、または生物学的なストレッサーを、非特異性の抵抗力を高めることによって撃退するものと定義しました。

一般的にアルカロイドとは、
 一般的にアルカロイドとは、有毒性が強力な薬理作用があり、トリカブトや毒キノコなどの含まれているようです。 ごく薄めて用いると有効な薬として活用されています。  高麗人参のアルカロドは、免疫力を高める働きが著しということ、放射線治療などの副作用を軽減するなどが分かってきました。

現代はストレス社会
 身体に精神的、肉体的、感情的なさまざまなストレスが加わると、体はホルモン分泌をして、ストレスに対抗するのですが、ストレスが過剰になるとホルモンを分泌する臓器副腎も疲れて、ホルモンバランスが崩れて対抗できなくなってしまい、病気の原因になってしまいます。

 高麗人参のアルカロイドはマクロファージをはじめとして、免疫機能を活性化する働きを持ち、ストレスで損傷を受けた細胞に対して修復作用行います。 結果的に副腎を強化し、ストレスから心と体を守ってくれるのです。

細胞を若返らせ老化を遅らせる
 老化でまず最初に起きるのは、組織の退行性変化です。  この原因は、酸化物質の生成によるものですが、これに対して高麗人参の非サポニン成分が、活性酸素により生じた皮膚コラーゲンの有害作用から体を保護し、過剰酸素に対する抑制効果をもたらすのです。 洋の東西を問わず、いつまでも若々しい肌は誰からも欲求されるものです。

 さらに、高麗人参は細胞の退化をを遅らせ、細胞増殖の促進を促す働きもあります。 老化関連酵素の活性を遅らせ、酵素活性の増加を促すことが実証されています。

 老化とは、避けることができないことであり、免疫能力は誰でも落ちてくるものです。 しかし、その落ち方を変えることができるのです。 急激にストーンと落ちるのか、緩やかなカーブを描くように落ちるのか、高麗人参の働きはその点にあります。

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。