コーヒーでポリフェノール

健康サプリとやすらぎスタイル

  • コーヒーでポリフェノール、クロロゲン酸がやすらぎや癒しをもたらします!

健康サプリとやすらぎスタイル top >

最高のコーヒーでポリフェノール

最高のコーヒーでポリフェノール(やすらぎサポート)

コーヒーでポリフェノール全日本コーヒー協会によると、
コーヒー1杯(約140ml)に約280mgのポリフェノールが含まれています。 ポリフェノールにはクロロゲン酸などで、ワインのポリフェノール量に匹敵するそうです。 また、ポリフェノールばかりでなく、コーヒーカフェインには中枢神経を穏やかに刺激し、こころと体をリフレッシュする働きは、大変ありがたい飲み物です。

コーヒーでポリフェノールクロロゲン酸などのポリフェノールが豊富
 コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれてます。 その量はカフェインよりも多く、コーヒーの褐色や苦味、香りのもととなっています。 コーヒーの香り苦味で、ストレスを軽減に役立つとのことです。

 コーヒーでポリフェノールコーヒーが、がんや糖尿病、動脈硬化などの予防によいという研究成果が報告されています。 ミトコンドリアへの脂質の取り込みを活性化するコーヒークロロゲン酸で、コーヒークロロゲン酸をとり続けることで、脂質の分解や燃焼をしやすくすることがわかりました。 クロロゲン酸などのポリフェノールが持つ抗酸化作用の働きが注目を集めています。

最高のコーヒーでやすらぎの時間を楽しんでみませんか!?
 コーヒー好きの方にはもちろん、コーヒーでやすらぎや癒しを感じる人が多いことと思います。 その独特な香りは、人間の脳に働きかけ、脳の活動を活性化したり、疲労感をほどよく抑えてくれるのです。

コーヒーポリフェノール
 ポリフェノールとは、野菜や果実などの植物に含まれていて体の様々な機能を向上させ、いわゆる体のさびつきを防ぐ抗酸化物質です。 赤ワインのアントシアニンや緑茶のカテキン、大豆のイソフラボンなどもポリフェノールです。

コーヒーと脂肪燃焼の関係
 もう一つの注目成分はカフェインです。 脳の活動を活性化したり、疲労感をほどよく抑えたりする作用があるうえ、内臓脂肪の減少を促進するなどメタボの改善効果も期待できそうだ。

 カフェインは、脳の活動を活性化したり、疲労感をほどよく抑えたりする作用があるうえ、内臓脂肪の減少を促進するなどメタボの改善効果も期待できそうです。

コーヒーを飲んで運動すると、
 通常よりもエネルギー消費量が高まり、その状態が持続するとのこと。  コーヒーのカフェインには抗炎症作用があり、肝臓や脳を炎症から保護することで、肝がんやアルツハイマー病などの病気を予防できる可能性があるそうです。

 カフェインは鎮痛作用が期待できるほか、片頭痛の予防にも役立つとのではないかといわれています。

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。